HOME |BBS | YAMA File | FLOWER
 山の名よみ・標高  安蔵寺山(あぞうじさん)   1,263m
 登山日・行動日  2014年8月2日(土曜日)
 天気  曇りのち雨
 場所  島根県鹿足郡津和野町左鐙
 駐車場  安蔵寺トンネルに自転車をデポ後、小石谷登山口付近に駐車 
 トイレ・・・備考  トイレや水場はありません。奥谷登山口へは道路が通行止めになっています。
 同行者  のほほん登山隊
 参考資料&サイト  小石谷登山口から登る
               ここをクリックすると動くルート地図を見ることが出来ます(^^v     
   ■ 軌  跡 ■    
   ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間  3時間17分    休憩時間  30分
08:00 自宅 
09:10 安蔵寺トンネル登山口 自転車をデポ
09:22〜09:25 小石谷登山口より登山開始
09:55 小石谷分かれ
10:58 安蔵寺山山頂
11:07〜11:28 展望所にて昼ご飯
11:33〜11:36 安蔵寺山お地蔵様へ
11:47 安蔵寺山中峰
12:56 ナラ太郎
13:06〜13:13 安蔵寺トンネル
13:35 小石谷より車を回収
    ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
二人での山歩きの計画はいつも前夜まで行先が決まらないことが多いけど、今回は前夜にも決められなくて就寝しました。

土曜日の朝、早朝から近所に救急車の音が鳴り響き、驚いて目が覚めて、せっかく早起きしたのだからどこかに行こうと、安蔵寺山の登山コースでに急登で今まで避けて登ったことが無かった小石谷コースから登ってトレーニングをしようと言うことになりました。
雨は100%の確率で降る覚悟で雨具も準備してでかけました。

小石谷から登って小石谷に降りるのは面白くないので、まず安蔵寺トンネル登山口に自転車をデポして、小石谷まで車で移動して登りはじめました。

空はどんよりしていましたが、風があり小石谷の急登はかなり堪えましたが、思ったほど登りがきつくなくてトレーニングになったのかは疑問です。

途中の登山道の真ん中に真っ黒い蛇や大きなヒキガエルがしばしば登場するので、先頭をと~さんに譲って、今回は後ろをついて歩きましたが、植物を中心に目を向けて歩くと~さんはやはり蛇を見落としたりして、二番目の私の方がマムシを見つける始末・・・安蔵地山はやはりマムシが多いです。

熊笹の登山道が広く刈りはらわれているから、注意して歩けば踏みつけることはなさそうですが、マムシを見つけても追い払うしか出来なくて、退治も捕獲も出来ない・・・これではいつまでたってもいなくならないでしょうね。
マムシや蛇は絶滅してくれたらいいんですけど・・・^^;

山頂の展望所でのんきに雲が流れる様子を見ながらお昼ご飯を食べていると、食べ終わる頃に雨が降り出して来たので、木陰へ避難して雨具を着て下山を開始しました。

安蔵寺トンネルに向かって歩くアップダウンの道は下山をするという感じではなく結構きつい行程でしたが、途中でツチアケビなどの珍しい植物と出会うことが出来て楽しい山歩きになりました。

さすがにこんな雨の日に登って来る人はいなくて、誰にも出会いませんでした。

安蔵寺トンネルまで下山して、と〜さんが自転車で小石谷まで車を回収に向かい、早めに自宅に帰ったので、早起きした分、夕方までお昼寝が出来ました。

 
 安蔵寺トンネル登山口へ自転車をデポ    小石谷登山口付近に駐車
 
 小石谷登山口より登山開始    しばらくは急な登りが続く
 
 小石谷分かれ ここからは尾根歩き    大きなヒキガエルがちょいちょい出没!!
 
 下は晴れてるのに上はすごい雲    丸い頭の青野山
 
 見晴らし岩 今日はガスで何も見えない。    赤土山を背にして登る。
 
 熊笹が綺麗に刈られている。有難いです。    香仙原分かれ 
 
 最後の急な登り ジグザグ階段    安蔵寺山山頂
 
 見晴台で昼食 ガスがすごい勢いで流れる。    お昼はカップラーメン 強風の中で食べた。
 
 雨が降り出したので雨具を着て下山     安蔵寺山山頂下のお地蔵さんへ
  ツチアケビの花   
 
 ナラ太郎 幹にキノコが生えてきた大丈夫??    安蔵寺トンネル分かれ
 
 安蔵寺トンネル登山口は下山    小石谷へ車を回収に行く

安蔵寺山の花

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system