HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
 山の名よみ・標高  吾妻山(あずまやま)1,239m烏帽子山(えぼしやま)1,225m比婆山(ひばさん)1,280m
 登山日・行動日  2015年9月12日(土曜日)
 天気  曇り
 場所  広島県庄原市比和町森脇
 駐車場  休暇村吾妻山ロッジ駐車場 
 トイレ・・・備考  トイレや水場はロッジ内にあります。
 同行者  
 参考資料&サイト  比婆山トレッキングマップ ロッジで調達
            ここをクリックすると動くルート地図を見ることが出来ます。    
   ■ 軌  跡 ■    
   ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間  4時間35分    休憩時間  45分
06:00 自宅出発
08:45 休暇村吾妻山ロッジ駐車場
09:00 登山開始
09:50 吾妻山山頂
10:00    〃
10:15 南の原分かれ
10:30 大膳原野営場分かれ
10:40 横田分かれ
11:05 烏帽子山・比婆山御陵分かれ
11:25 比婆山御陵
11:50 烏帽子山山頂(昼ご飯)
12:35     〃
13:05 横田分かれ
13:30 南の原分かれ(迂回路)
13:50 南の原散策
14:20 駐車場下山
    ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
お花の追っかけが最近は主流の、のほほん隊は吾妻山の初秋のお花を見つけに行ってきました。本当は山の仲間の天狗石登山にも心惹かれましたが・・・^^;

奥出雲は遠いですが、松江高速の開通でちょっとだけ時短になったようです。今なら無料お試し期間ですしね(笑)

高野まで高速で行き、休暇村吾妻山ロッジまでは道案内に従って車を走らせます。駐車場に着くまでは不安なくらい人気がありませんでしたが、着くと登山客が5・6組は居ました。

お天気があまり良くなくて、ガスで折角の景色が何も見えない、足元に咲くお花はなんとか見えるので、雨が降らないだけでもラッキーかなと言う感じの登山開始でした。

はじめに小坊主を経由して吾妻山を目指しました。お花がいっぱいで写真を撮りながら、なかなか前へ進めません。山頂はガスで視界5m位でしょうか・・残念でした。

大膳原へ下ってススキの原っぱを通って烏帽子山を目指しました。烏帽子の登りが今回一番の急な登りでした。山頂のすぐ下で比婆山御陵への案内標識があったので、先に比婆山御陵へ向かい、すぐに引き返して烏帽子山へ登りました。

烏帽子山は山頂がどこなのかわからなくて、しばらく迷いましたが、他の登山客の姿が見えたので、山頂らしき場所を確認できました。昼食を食べ終わる頃に少しガスが晴れて吾妻山が姿を見せてくれました。

帰りは、大膳原を過ぎて吾妻山の中腹にある迂回路を通って南の原へブナの林の中を歩きました。山頂で出会った方が、出雲峠のマツムシソウがすごくいっぱいだったと話していましたが、南の原のマツムシソウもすごくいっぱいありました。
両方を見ていないけど・・・絶対こっちの方が多いと勝手に思いました。

ちょっと近くなった比婆山系、秋にも冬にもまた来てみたい魅力的な山でした。

 
 高野ICそばの道の駅    休暇村吾妻山ロッジ駐車場
 
 ロッジの左、まず小坊主を目指します。    原っぱはマツムシソウがいっぱい咲いています。
 
 小坊主を経由後吾妻山へ    急な登りもあります。
 
 ガスの中で花を見つけながら登ります。    山頂・・・景色が見えないのが残念
 
 ガスの中、方向がわからないのでちょっと不安    迂回路の分かれ道
 
 大膳原にもリンドウやワレモコウ・ウメバチソウなど    両側がススキの気持ち良い道
 
 横田別れで急登に備えて休憩!    今回一番の急登
 
 比婆山御陵     烏帽子山山頂
 
 お昼ご飯    烏帽子山山頂の様子 吾妻山が微かに見える。
 
 条溝石 定規で計ったように溝が掘られています。    横田分かれへ下山
 
 大善原から吾妻山の姿が見え始めました。    
 
 吾妻山中腹から迂回路で南の原へ    大きなブナの木を撮影中
  
南の原のマツムシソウ・・・出雲峠とどっちが多い?  



吾妻山の花

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system