HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  十方山(じっぽうさん)1,318.9m 丸子頭(まるこがしら)1,236.3m
  登山日・行動日  2012年3月3日(土曜日)
  天気  晴れ時々曇り 
  場所  広島県山県郡安芸太田町
  駐車場  二軒小屋駐車場
  トイレ・・・備考  駐車場の入口にトイレがありますが、使用禁止になっていました。
  同行者  風車番さんとお連れ3人さま・気ままな山登りさんご夫婦・のほほん登山隊
  参考資料&サイト  風車番さん気ままな山登りさん
 
  ■ 軌  跡 ■     
  ■  軌跡断面図 ■     
  ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆  総歩行時間 4時間48分   休憩時間 1時間40分 
自宅 7:35 ・・・・・ 二軒小屋駐車場 8:50 〜 9:32発 → 獅子ケ谷登山口 10:25 〜 10:30 → 十方山最高ピーク 11:38 〜 11:46 → 十方山山頂 11:58 = 昼食 =13:12 → 奥三ツ倉 13:36 〜 13:38 → 中三ツ倉 13:57 〜 13:59 → 前三ツ倉 14:01 → 丸子頭 14:40 〜 14:42 藤本新道分れ 15:15 → 藤本新道登山口 15:40 〜 15:42 → 二軒小屋駐車場 15:55着  
  ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
 念願かなって気ままさんを通じてネットで知り合った「風車番」さんに十方山を案内していただくことになりました。風車番さんは数日前に登られたばかりでしたが、私達が冬に登ったことがない山でしたので、無理をお願いしました。
 気ままさんと風車番さんでGPSにルートを取り込んで準備していただいた、十方山に登って丸子頭を通って藤本新道登山口に下りる、ぐるっと一周コースでした。
 二軒小屋駐車場で初めて風車番さんにご挨拶、もっといかつい方を想像していましたが()優しそうな方で安心しました。連れの女性が3人、山の会に所属していらっしゃる方々で、八ヶ岳に行かれる為のトレーニングを兼ねて同行して下さるとか・・・
 獅子ケ谷登山口までは車じゃない・・・くらいのいい加減な知識の私ですから、二軒小屋から林道を歩くと聞いてびっくり、林道は雪が解けかけていて、下を水が流れているところは空洞になっているらしく、注意をして歩きました。獅子ケ谷登山口からますっ直ぐに十方山の最高ピークに向かって登る急登がきついきつい、登りが苦手ですから、皆さんの足を引っ張ってしまいました。気を使って景色を楽しみながらのろまな私にペースを合わせて貰ってなんとか、十方山のピークへ到着。以前登った景色と違うと思ったら、十方山は道標と最高ピークが分れているそうで、初めてピークに立つことが出来ました。夏山では藪の中でここに来るのは大変なんだそうです。

 頂上の道標の前で皆で記念撮影をしてから、風を避けて大きな木の陰でお昼を食べました。ぜんざい、今度も持って来ました。気ままさんにお餅を焼いて頂いて、気ままな旦那さんお餅を焼くのが上手くなって来ました、職人技で焼きあがりも早いです。
 しっかり食べて、元気も回復です。丸子頭へ向かっては軽い登りと緩やかな下り、ブナの林の中を快適に歩くことが出来ました。時々倒れた木に乗っかった雪の落とし穴にはまってひっくり返ることもありましたが、楽しい山歩きでした。藤本新道に入ってからの植林の急な下りが最後の悪戦苦闘でしたが、お天気も良かったし、山好き仲間の皆さんとワイワイ言いながらとても楽しい山歩きをすることが出来ました。
 皆さんお世話になりました。ちょっと登りが苦手ですが、下りは引力にまかせて早いですから・・・・どこかで追い付きます。また、誘って下さいね。
 
 
 二軒小屋駐車場    林道に上がってすぐにスノーシューを装着
 
 林道には渓流釣りの人の足跡が数個    路肩の雪は解けて崩れ落ちています。
   
 小さな滝が凍り付いています。
 
 虫食いのように谷川が流れています。    旧羅漢山の直下
 
 かわいい動物の足跡・・・小熊かなぁ?    獅子ケ谷登山口 一休みして・・・・登ります。
 
 獅子ケ谷登山口の標識    途中の植林は雪で折れています。
 
 急な登り・・・・苦しい・・・・空には青空があったんですね    十方山最高ピーク 初登頂
  登りの途中から見える深入山
最高ピークから見た羅漢山、山頂近くは霧氷がきれい・・・・ 
 
 十方山山頂道標 皆で記念写真    山頂の標識
 
 今日のお昼ご飯・・・いつものコンビに(^^    ぜんざいのお餅を焼いています。
 
 奥三ツ倉へ向ってブナの林へ    緩やかな尾根を歩く。
 
 奥三ツ倉 ここからは十方山がよく見える。    中三ツ倉へ向って尾根を進む。
 
 前三ツ倉(那須分れ)標識を掘り出す。    面白い格好の木を目指して歩く。
 
 丸子頭の山頂付近、両足すっぽり埋まりこむ・・・    「根びらき」樹木の偏射熱で木の周りの雪が解ける。
 
 ちょっと探して見つけた藤本新道分れの標識    植林の中を転げながら下りてきました。
   藤本新道登山口からは車道を歩いて駐車場へ

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system