HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  掛頭山(かけずやま)1,126.1m 
  登山日・行動日  2012年2月4日(土曜日)
  天気  曇りのち雪 
  場所  広島県山県郡北広島町
  駐車場  二川キャンプ場入口に路肩駐車
  トイレ・・・備考  冬季は除雪の具合で駐車場確保が困難 トイレなどはありません。
  同行者  のほほん登山隊
  参考資料&サイト  一歩入魂<修行僧さん>2011.02.20 2009.02.01
 
  ■ 軌  跡 ■     総歩行距離 6.7km
  ■  軌跡断面図 ■     高低差 342m 
  ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間 3時間38分   休憩時間 50分
自宅755 ⇒ 二川キャンプ場入口9:17(準備)9:32出発 → 二川キャンプ場9:49 → 土草峠10:27 → テレビ塔@11:34 → 掛頭山山頂(1,126.1m) 11:50 → テレビ塔A(昼食)12:0012:50 → 林道出合13:25 → 二川キャンプ場 13:43 → 二川キャンプ場入口駐車地 14:00
  ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆

 週末の天気は土曜日は晴れの予報、朝も道路はピカピカに凍結、いいお天気になるかなと、ワクワク気分でお出掛けしましたが・・・いつまでたってもお日様は覗かないし、青空も出ない・・・午後から回復するかなと、期待していた私たちは、雪山で数回、修行僧さんが登られていた掛頭山に登ってみたくて、「お天気が良くなったら臥龍山まで行ってみよう」と欲張ってGPSにルートも入れてはりきって居ました。駐車場もかりお茶屋の駐車場に車を止めて掛頭山から臥龍山に回って下山しようと計画していましたが、嫌な予感を感じたと〜さんが、もしものことを考えて、修行僧さんのレポートを参考に、二川キャンプ場の入口の分岐に出来ていた駐車スペースに止めて、無理をしないことにしました。
 二川キャンプ場まで歩いてみて、気が付きました。新雪が積もったばかりの雪面がいくらスノーシューを履いていても30cmくらい埋まって歩きにくいことに、これがラッセルって言うやつね・・・
フカフカの雪は足にくっ付いて歩きにくいし、林道をと〜さんと変わりばんこにラッセルしましたが、土草峠からはブナ林の急な山道で私の力では10歩も歩けばハァハァゼェゼェ〜お手上げで、ほとんどと〜さんの跡を付いて歩きました。
 ブナの巨木が立ち並ぶ林は最高に綺麗でした。粉雪が降りだしてすごく寒いけど、可笑しいくらい景色が綺麗で、「この寒さでないと見られない景色よ」などと言いながら、本当は青空にすかして見たかった樹氷ですが、忘れられない景色になりそうです。
 掛頭山の頂上は芸北国際スキー場のリフトの頂上でもあって、色とりどりのウェアを着たスキーやスノボーを楽しむ人でいっぱいでした。私たちも山から出て来て、昼食を食べれる場所を探してさまよっていると、「スキー場の管理区域外だから出ないでください」と管理の方に注意をされてしまって、「管理区域内にはまだ入ってないんですけど・・・」と心の中で言いながら、「登山者なんですけど」とお返事を返しました。ちょっと恥ずかしかったですね。
 雪が降るし寒いけど、お腹がすくと動けなくなる私ですので、どうしてもお昼が食べたくて、頂上は柏の木ばかりでしたが、いい場所を見つけました。頂上から少し臥龍山に寄ったところにある、テレビ塔の建物の入口の階段の下の吹き溜まりのような場所、溜まった雪をかき出して、座れる場所を確保して、なんとか降る雪と風を避けることが出来ました。
 ゆっくり食事をした後は、臥龍山はあきらめて下山することにしました。いつもの雪山は下山は楽勝ですが、降る雪に前も見にくくて辛い下山になってしまいました。
 林道に合流して朝のトレースを逆戻りする途中、風と雪で朝のトレースが消えているところもありましたし、リュックのサイドポケットのポカリスエットもシャーベット状になっていて驚きました。温度計を持っていなくて気温がわかりませんでしたが、本当に寒かったです。
 雪が降ったばかりの時は、大勢で登って変わりばんこにラッセルするに限りますね。よいラッセルトレーニングになりました。ちょっと心細い雪山になってしまいましたが、無事に下山できて良かったです。

 二川キャンプ場入口の分岐に路肩駐車  川と橋の場所がわからない位に積もった雪です。
 キャンプ場の管理棟  霧ケ谷湿原
 林道を歩きます。  歩いてきた道です。
 綺麗に間伐されたモデル林です。
 土草峠にある、掛頭山登山口の標識  林道から山へ入ります。取り付きが急です。
 フカフカの雪に埋まりこみます。  急な登りに悪戦苦闘しています。
 杉の木にまとわり付いた雪 モンスター
 宮地集落を眼下に見ながら尾根を登ります。  上のアンテナに繋がる電柱も半分埋まっています。
 有名な「蛸ブナ」に出会えました(^^v  綺麗な樹氷です。
 
 すごく綺麗、細かい枝の先まで樹氷が付いて・・・・・すばらしい
 大きな大きなブナの木  テレビ塔から掛頭山に向う真直ぐな道
 芸北国際スキー場リフトの頂上  掛頭山の頂上は柏の木がいっぱい植えてある。
 
 頂上から見たスキー場の風景
 テレビ塔から見たリフト  今日のお昼は前夜の恵方巻の残りと大きなカップめん
 このテレビ塔の建物の下で昼食を食べました。  入口の階段の下です。風と雪を避けられて良かった。
 フカフカの雪を谷沿いの木は乗せたまま・・重そう  吹雪で視界が不良です。
 大きなブナの木 と〜さんは転んだわけではありませんが、真っ白です。
 二川キャンプ場  林道のそばにあった小屋、ゆがんで今にも潰れそう
 朝つけたトレースが風と雪で消えて見えません。  駐車地、誰も止まっていません。空けといたけど・・・

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system