HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
 山の名よみ・標高  鹿嵐山(かならせやま)758m
 登山日・行動日  2014年5月3日(土曜日)
 天気  晴れ
 場所  大分県宇佐市院内町小野川内
 駐車場  鹿嵐山第一・第二駐車場
 トイレ・・・備考  駐車場にあります。水場はありません。登山ポストもあります。
 同行者  気ままな山登り隊・のほほん登山隊
 参考資料&サイト  ヤマレコ
               ここをクリックすると動くルート地図を見ることが出来ます(^^v     
   ■ 軌  跡 ■    
 
   ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間  1時間54分    休憩時間  13分
08:20 第1登山口駐車場
09:50 雌岳
10:00 中央登山口分岐
10:15 鹿嵐山(雄岳)
10:40   〃
12:10 万里の長城(寄り道)昼食
12:40   〃
13:15 地蔵峠 地蔵様
13:35 第2登山口駐車場着
    ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
ゴーデンウィークはどこの山に行こうかと悩みに悩んで、四国は込みそうだし高速料金も高いので、九州方面でお花がいっぱいありそうなところを、ヤマレコの「日本の万里の長城・・鹿嵐山」のレポや5月頃のレポを参考に、シャクナゲを見に行くことを目的で「鹿嵐山」にしました。

今回も気ままな山登りさんと一緒に行くことに決まり、楽しさ倍増!!

連休の渋滞を避けて前夜に道の駅「しんよしとみ」まで車を走らせて車中泊、ここで気ままさんとも合流、よく朝7時から登山口に移動しました。

鹿嵐山には第一・第二登山口があり、今回私たちは第一から登り始め、第二登山口に下山することにしました。
まず、第二登山口に車を一台デポして、第一登山口から登山を開始しました。

雌岳を目指す急な登山道には、ところどころにシャクナゲの花が咲いていて、写真を撮りながらゆっくり登りました。

雌岳から鹿嵐山の山頂には一度谷を下り登り返すだけで、30分足らずで到着しました。山頂から見る山並みは、中国山地と違って面白い山の形でした。しばらく山頂で景色を楽しみ、下山を開始しましたが、下りがすごい急坂で落ち葉とガレ石で滑りそうで、慎重に降りました。途中遠くに由布岳が見えました。山はたくさん見えていましたが、形がわかるのは由布岳だけ・・・でした。^^;

山の情報をしっかり把握していなかったので、このまま谷を下山するのかと思っていたら、(と〜さんはしっていたそうです。)痩せ尾根にでて、「ここがもしかして万里の長城?」「そう言えば書いてあったよね〜」などと、まさに「気ままとのほほん」の、のんきな山登りで、驚くやら感動するやら・・・
面白い岩の形や高い岩場に登ったりと予想外に楽しむことが出来ました。

下山後は安心院温泉センターで温泉に入り、大分市内で立ち食いのお寿司屋さんで晩御飯を食べてから、山奥の道の駅「宇目」を目指しました。

 
 前夜から車中泊した道の駅「しんよしとみ」    朝ごはん・・・
 
 第一登山口の駐車場    登山道は駐車場の奥からです。
 
 登山ポストへ登山届を提出    お地蔵さまへ安全登山をお願いして谷を渡る。
 
 シャクナゲは散り始め・・・・    まだまだたくさん咲いています。
 
 つぼみだってある!!     雌岳の山頂 石の祠がお祭りされいます。
 
 登山道は祠の右奥へ    中央登山口との分岐
 
 鹿嵐山山頂 180度の眺望    耶馬渓に近いので谷が深い山が多い
 
 雄岳からの下りはガレ場と落ち葉で滑りやすい。    慎重に・・・遠くに由布岳が見えた。
 
 ワンちゃんみたいな形の岩    鹿嵐山と万里の長城
なるほど・・・ここが万里の長城?  
 
 寄り道をして突き出た岩の方へ行ってみた。    行き止まりの岩の上で記念写真
 
 切り立った岩場は足がすくむ・・・怖い!!    岩の上で昼ご飯、やっぱりお豆腐は美味い!!
 
 「足を運ばせたもれ」の言葉に誘われて行く    大きなお地蔵さまが祀られていました。
 
 第二登山口の登山ポスト    第二登山口の駐車場 デポした車で第一登山口へ
 
 安心院温泉センターにて入浴    道の駅「宇目」へ 夜の唄げんか大橋




撮影:気ままな山登り

 鹿嵐山の花

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system