HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  河平連山 (こうひられんざん)     555.2m 
  登山日・行動日  2012年12月24日 (月曜日)
  天気  晴れ時々雪 
  場所  広島県大竹市松ケ原町
  駐車場  ハイキングコース登山口入口付近に路上駐車
  トイレ・・・備考  登山口から少し入ると簡易トイレがあります。東登山口にも簡易トイレがあります。
  同行者  のほほん登山隊
  参考資料&サイト  ヤマレコ chikakuさんのレポをコピーして持参してました。
       ここをクリックすると動くルート地図を見ることが出来ます(^^v           
  ■ 軌  跡 ■          
    ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間  2時間31分    休憩時間  50分
自宅8:20・・・・河平連山東登山口(自転車デポ)10:15・・・・ハイキングコース駐車場10:20〜10:26登山開始・・・・登山ボックス10:36・・・・馬ヶ峠10:56・・・・1号峰11:16・・・・天狗岩11:22・・・・0号峰11:33・・・・八畳岩11:35〜12:15(昼食)・・・・1号峰12:22・・・・宮島大鳥居展望の地12:27〜12:31・・・・2号峰12:32・・・・札木峠12:36・・・・3号峰12:46・・・・4号峰12:53・・・・5号峰12:55〜13:01・・・・6号峰13:08・・・・7号峰13:13・・・・8号峰13:18・・・・樽川の三段瀧13:43・・・・東登山口13:47
   ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
 クリスマスイブは、ロマンチックに映画でも見に・・・・
なんて我が家ではありえないし〜〜
自宅を出る時は、雪が降っていて、見る見る間に道路も真っ白
「今日も山かね〜」のあきれた老人チームの声を背中に、
広島の瀬戸内は晴れると言う天気予報を信じて行って来ました。

 とりあえず、と〜さんは多少の知識はあったのでしょうが、私は今日も山の名前すら読めない・・・・
車に乗り込むと私より先に折りたたみ自転車が乗っていて驚き!
今日はどうやら登山口と下山する場所が遠いらしい・・・

 大野権現山に行った時に通った道を過ぎて、少しすると自転車は先に下車、峠のような場所にある「東登山口」にデポするらしい。
その後、2・3分でハイキングコースの登山口に到着、駐車場はないので路肩に止めました。
ここでも案内板をしっかり読めば良いのに写真だけとって、小雪は降るし寒いので急いで出発しました。

 登山道はきれいに整備されていて、入り口近くには登山ポストも設置されているし、簡易トイレ(中は確認していない?)も置いてありました。
 登山道の脇の木には、地元の方が作られた俳句が書かれた札が掛けれれていて、大人が作ったのや子供たちのもあり、楽しませていただきました。

 1号峰から天狗岩に降りて、天狗さんの頭の部分にあたる大岩を見学して、1号峰に引き返して、0号峰へ向かいました。
 0号峰には「飛行機衝突岩」と書かれてあり、意味が分からなくて??「何のこと??」と思っていましたが、下山後に別名「飛行機山」と呼ばれていると言うので、理由を調べて驚きました。
《1923(大正12)年,福岡の大刀洗飛行場を出発し広島飛行場に着陸しようとしていた陸軍の飛行機が,コースを誤り現在の0号峰に激突し,搭乗していた陸軍大尉が死亡する事故が発生した》なるほど・・・・

 0号峰の先には「八畳岩」と言う大きな岩があり、宮島から三倉岳・恐羅漢山など曇っていても遠くまでよく見えました。風もあり雪も降っていましたので、大岩の陰で昼ご飯を食べることにしました。
 食後は0号峰から1号峰の先の鞍部まで引き返して、「浅田砲兵大尉殉職乃妃」を見学に行こうかと少し下ってみましたが、飛行機事故のことなど知識がなく、興味も薄かったので、止めて先に進むことにしました。
 2号峰3号峰4号峰、次々にピーク越えをして、5号峰まで来たら三角点があり、「いったい何号峰まであるの?」と地図を見ると、8号峰までです。
 見た目では、きつそうに見えてしまうピークですが、意外と簡単に歩くことが出来て、景色を楽しみながら歩くことが出来ました。

 8号峰あたりで、たくさんのシダがあったので、少しだけお正月用に収穫させていただきました。自宅の周りは多分雪がいっぱいで採るのが大変でしょうから・・・・スミマセン(ー_ー)!!

 8号峰から急な道を降りると「樽川の三段滝」がありました。小さな滝ですがつららが少し出来ていました。
滝から少し降りた場所にも簡易トイレが置いてあり、東登山口はすぐそこでした。
デポして置いた自転車でと〜さんが車を取りに行き、本日の登山は終了でした。

 帰り道は、羅漢山の山頂近くを車で通って帰りました。
雪は止んでいましたが積もった雪で、道路は真っ白でした。途中に標高の標識が立っていて「750M」ぐらいだったか書いてありました。今日登った山(555M)より高い・・・
 そう言えば、山を歩いた時間より、登山口に行くまでの時間の方がたくさん掛かったし、・・・・
こんな日もありですね(p_-)
 
 ※クリックすると大きな地図になります。    登山口の路肩に駐車しました。
 
 登山口 道案内に従って歩きます。    しばらく車道を歩きます。
  熊出没注意の看板を見て慌てて鈴を出しました。    登山ポストにはノートが一冊ありました。
 
 登山道には俳句の書かれた板がかけてあります。
 どの俳句も、うなずかされる良い感じの俳句です。
   天狗岩 どこの部分が天狗なのか?なぞです??
 
 稜線に出ました。先に0・1号峰を目指します。      1号峰に到着、ここから天狗岩に向かいます。 
 
 天狗岩 遠くから見るより大きいです。    0号峰 飛行機はこの岩に衝突したようです。
 
 八畳岩 平らな大きな岩です。宮島や三倉岳など景色がよく見えます。 
 宮島方向です。赤い鳥居がぼんやりと見えました。 
 三倉岳方向です。霞がかかったり突然晴れたり、山頂はかすかに雪をかぶっています。 
  
こんなに明るくなって青空が覗くことも・・・・ 
   本日のお昼、風を避けて岩の影で食べました。
 
 
 大きな岩の脇は急勾配です。    浅田大尉の慰霊碑、行きかけて途中で諦めました。
 
 宮島大鳥居が見える場所 かすかに赤いのが見える    2号峰 三倉岳と恐羅漢山が見えます。
 0号峰や三倉岳、恐羅漢山方向は雪が降っていそうです。
 
 谷間には雪が積もっています。    札木峠 
 
 3号峰は二つの道標がたっています。    4号峰 水神釜は雨乞いをした岩のようです。
 
 5号峰 三角点がありまた。連山最高峰    6号峰
 
 7号峰    8号峰
 
 ウラジロを収穫させて頂きました。    宮ヶ谷の大滝 滝は確認できませんでした。
  
 樽川の三段瀧 つららが出来ていました。  
 
 東登山口からすぐの場所に簡易トイレがありました。    東登山口 自転車が待っていました。 



    TOPHOME
    
inserted by FC2 system