HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  三俣山(1,744.7m) 北峰(1,550m) 南峰(1,743m) Ⅳ峰(1,690m) 西峰(1,678m)
  登山日・行動日  2011年10月18日(火曜日)
  天気  晴れ 
  場所  大分県玖珠郡九重町
  駐車場  大曲
  トイレ・・・備考  長者原駐車場
  同行者  のほほん登山隊
  参考資料&サイト  月齢カレンダーで日の出を調べた。多数のネット情報
 
  ■ 軌  跡 ■     総歩行距離 10.5km

  ■  軌跡断面図 ■     高低差 525m 
  ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間5時間45分  休憩時間3時間2 
10/17(月)自宅18:20 ➡ 玖珠SA22:00・・・睡眠・・・10/18()3:15 ➠ 大曲4:20・・・4:35 → すがもり越5:30・・・5:35 → 西峰(迂回)6:00 → 三俣山6:19・・・日出・・・7:03 → 大鍋底分7:20・・・7:45 → 雨ケ池分8:10 → 北峰8:55・・・9:12 → 大鍋底分9:35・・・9:40 → 三俣山10:00・・・10:09 → 南峰10:34・・・昼食(南峰テラス)・・・11:23 → Ⅳ峰11:38 → 西峰11:57・・・12:11 → すがもり越12:30・・・12:40 → 大曲13:22
  ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆

 秋は忙しくて、紅葉を見に行くことが出来るだろうかと心配でしたが、と~さんが「火曜日頃に九重の紅葉がピークらしいから見に行くよ」と言ってくれたので、今週日曜日の休日出勤の代休を早々と頂き、行って来ました。ネットで情報を集めているのを見せてもらっていると、すごくきれいなご来光の写真があるではないですか・・・「折角、行くのなら朝日が登るところも見たい」と、私が言いだして、早速GPSにルートを取込み、計画を練りました。日の出の時刻は620分と言うことなので、三俣山の頂上まで他の方の歩いた時間を参考にさせて頂き、私の足で大曲から約2時間と設定して、4時過ぎに出発することにしました。
 前夜にいつもの玖珠SAまで行き車中泊し、朝3時に起きて長者原へ向かいました。大曲に車を止める予定が、4時くらいには駐車場は満車でし、仕方なく路上の隅に邪魔にならないように車を止めて、ヘッドライトを付けて出発しました。月と星は出ていましたが真っ暗・・・・でも今年の春に「大船山」に登りに来た時にすがもり越を通っていたので大体の道順は覚えているつもりで何の不安もありませんでした。私は・・・(と~さんはかなり不安だったらしい)
 滑りやすい急な登りを少し行くと作業用の道路に出ました。一度しか来たことのない私たちは、途中で堰堤の方下って谷を越える道を見落として、作業道をどんどん歩いて行き、噴火口の下にある小屋らしき物の前まで登ってしまい、ここまで来て間違いに気が付き、あわてて引き返しました・・・なぜかこの時はGPSが役に立ちませんでした。また、迷ってしまいました・・・() 初心者がまっ暗闇に登山など無謀だったのかも、新聞に載ったらどうしよう・・・と思いながら、引き返していると、下から登って来る明かりを見つけて、チャンスとばかりに、「道がわからないんですけど、くっ付いて登っても良いですか?」とお願いしてみると、快くOKして下さり、「今日が九重36回目」と言う経験豊富なFさんとおっしゃる方で、後は必至でくっ付いて歩けば何とかなるだろうと一安心でした。「のろかったら置いて行ってもかまいませんから」と言ったもののこれを逃したら大変とばかりに、ノロマな私も必死で付いて歩きました。
 
Fさんはご来光を見るのが目的では無かったそうですが、私たちが頂上に620分までに行きたいと言ったら、なんと頂上到着時刻が619分ですよ~~間に合わせてくれました。晴れた空、雲は下の方にあってお日様はクッキリ・・・素晴らしい日の出でした。Fさんはその後も私たちの希望のコースで絶景ポイントや穴場など、結局一日案内をして下さいました。お陰で充実した紅葉見物が出来ました。真っ暗やみの山道で声をお掛けしたのがご縁で一日中案内をして頂くことになるとは・・・・良い人に巡り合えたことに感謝・感謝でした。Fさんは「また、九州の山に来たら案内しますから」と電話番号まで教えて下さいました・・・心強いお言葉です。私たちは良く道に迷いますから・・
 素晴らしい紅葉とご来光と、そして心に残る良い人との出会いが出来た良い山登りでした。お仕事を休んでまで出かけて良かったねぇ~~と二人で感謝・感謝の一日でした。

真っ暗です。のほほん号を路肩に駐車 ヘッドライトを頼りに歩きます。
すがもり越あたりから見た、東の空 大船山のとんがり帽子
 真ん中の奥に阿蘇の根子岳が雲をかぶって見えます。 朝日がちょうど6時20分に顔を出しました。
  由布岳の双耳峰がはっきり見えてよくわかります。  毎日お日様は顔を出します・・・今日のが一番綺麗
北峰に朝日が反射して金色に輝いて見えます。 ススキに朝日が当たって綺麗です。
三俣山本峰で記念写真、Fさんカメラマンにお願いして  大鍋底から見た本峰の斜面
長者原に映った三俣山の陰  大鍋底から見た北峰側の斜面
大鍋底から見た北峰側の斜面  本峰と北峰の谷間を大鍋底から見たところ
紅葉は見る場所によって色が変わって見える・・・  北峰を東側から見たところ
北峰に向かう途中から見た小鍋の周り  真っ赤なミヤマキリシマ越しに見た平治岳
Fさんとと~さん写真をず~~と撮っています。   北峰から大鍋底を見たところ
北峰の頂上岩の上で記念撮影 北峰と本峰の谷間から北峰の側面
 北峰と本峰の谷間から見た、大鍋と平治岳
大鍋の周りを一回りして本峰へ再度戻りました。 9月に登った涌蓋山と風車5基回っていました。
 見晴らし岩、ここに立っている人もいました・・恐い  南峰に行く途中で見た、北峰
南峰の山頂、焼けたミヤマキリシマの木が痛々しい・・・ 南峰のテラスから見た白口岳、奥に見えるのが祖母山
大船山と坊がつる、法華院が一望出来る。 南峰の展望テラス、ここで軽いお昼を食べました。
Ⅳ峰の頂上は標識がありません・・・ 西峰で本日5峰達成!!記念に3人で写真撮影
 西峰から見下ろしたすがもり越と朝、間違えた道  すがもり越のアップ
 硫黄山の噴煙、風が無くて真直ぐに上がっています。  一日お付き合い頂いたFさん、ありがとうございました。
 長者原から見た三俣山・・・ご来光に紅葉、親切なFさんとの出会い、良い山登りになりました♪

三俣山の花

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system