HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
 
  山の名よみ・標高  西赤石山(にしあかいしやま)1,625.7m
  登山日・行動日  2011年5月21日(土曜日)
  天気  晴れ時々曇り雨?
  場所  愛媛県新居浜市
  駐車場  日浦登山口駐車場
  トイレ・・・備考  駐車場に水洗トイレがあります。
  同行者  のほほん登山隊
  参考資料&サイト  お山へ行こう!地図をお借りしました。気ままな山登りさん
 
  ■ 軌  跡 ■     総歩行距離 13.5km 
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                                       
                      木方                
               目出度町跡                       
                               
                                       
                                 小足谷集落跡       
                                 
                                       
                                       
             ※ 黄色い文字をクリックすると詳しい地図の説明が表示されます♪
  ■  軌跡断面図 ■     高低差 781m
  ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆   総歩行時間 6時間9分 休憩時間 48分
自宅出発 5/20(21:55) 日浦登山口駐車場着 5/21(02:15) = 仮眠 起床(05:00) = 出発(06:00) → ダイヤモンド水(06:40) → 目出度町経由と寛政谷木方経由分岐(06:51)木方経由へ → 歓喜坑(07:15~07:26) → 近道経由 → 銅山越(07:40) 西赤石山(09:13~09:18) → 兜岩(09:35~軽食~10:02) → 西赤石山(10:18) → 銅山越(11:20~11:25)雨具装着 → 近道経由へ → 旧牛車道方面見物(11:35~11:50) → 目出度町経由にて → 目出度町経由と寛政谷木方経由分岐(12:15) → ダイヤモンド水(12:20) → 日浦登山口(12:57) ⇒ マイントピア別子にて入浴休憩後帰宅 5/21(19:30)
  ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆

 今回の四国遠征は、昨年の東赤石登山に続き西赤石にも是非登りたいと、良い時期を待っていたところ、ちょうどアケボノツツジが咲いていると聞いたので決めました。
 
 天気予報は午後から雨模様、早く登って午前中に下山しようと早朝
6時から出発しました。谷沿いの道はひんやりとして気持ちがよく、きれいに整備された登山道も歩きやすく、先人が築いた石垣の住居跡を見て、280年もの間この森に町が存在していたことが夢のようで、説明版を読み当時の賑わいを想像しながら歩きました。
 
 ダイヤモンド水で喉を潤し、目出度町と木方の分岐では、登りは木方経由を下りは目出度町経由を通ることにしました。歓喜坑で一休みし「銅山越」へ、石垣の囲いの祠の前には銅版で作られた立派な看板がありました。さすがは銅の山ですね。
 
 この後、名残惜しそうに咲いているミツバツツジや足元のアカモノ、ツガザクラ・センボンヤリ・ギンランなど楽しみながら歩くうちに、アケボノツツジがチラホラ現れ、まだ咲いていてくれたことに感謝・感謝です。頂上近くの岩場あたりからは西赤石の北側斜面をピンクに彩るアケボノツツジが良く見えて思わず歓声をあげてしまいました。見ると向の兜岩にもカメラマンがいっぱいです。

 
 頂上で記念写真を撮った後、私たちも兜岩からの景色を楽しむためにロープの張られた急な道を下りました。霧がかかったり、日がさしたりと忙しく姿を変える山肌を楽しみながら軽い食事を済ませて、西赤石山へ引き返しました。
 銅山越の辺りから小雨が降り出したので、雨具を着けて、旧牛車道方面に寄り道して蘭搭婆を上から眺め、牛車が通った板のように敷き詰められた石畳を見物して、目出度町経由で下山しました。
 アケボノツツジも満開で銅山遺跡もすごく良かったし、お天気もどうにか持ちこたえてくれて、今回も充実した山登りが出来ました。


 1  日浦登山口
 2  平坦な道
 3  円通寺跡
 4  整備された道
 5  小足谷集落・醸造所跡
 6  小足谷接待館
 7  収銅所
 8  小学校跡
 9  劇場跡
 10  石畳の道
 11  高橋製錬所

 @ 県道47号新居浜別子山線沿いの日浦登山口, トイレや駐車スペースが設けられています。

 A 急な階段を登ると、平坦な道が続き、小さな橋をいくつも渡ります。
 B 別子銅山の墓所、「円通寺跡」  C 立派な橋が架かっています。   D 屋敷跡は味噌と醤油の製造所などが立てられていた地区です。
 E 十字に穴の開いてるレンガの壁がきれいに残っています。「小足谷接待館」  F 銅山から湧き出た水をきれいに銅を取り除き浄化した場所です。  G 最盛期の明治32年3月には生徒数は男女合計298名、教員7名が居たそうです。  
 H 劇場は明治22年に建てられ、毎年5月の山神祭の3日間は、歌舞伎の名優を京都から呼んで、数千人の観衆でにぎわったそうな・・・  I 平たい石がきれいに並べて敷き詰めてあります。 どこから運んできたのだろう?と思うくらい石垣や石畳がたくさんある。
     J 対岸の高い石垣は高橋製錬所跡
 石積みのアーチがきれいに残っている。
 1  ダイヤモンド水
 3  トラス橋の焼鉱窯群 
 4  「目出度町」・「木方」分岐
 9  蘭塔婆分岐
 10  上から見た蘭塔婆
 12  「目出度町」・「木方」合流点
 @ 「ダイヤモンド水」広場、ベンチやトイレもある。休憩場所  B 向こう岸の石積は製錬所の焼窯がたくさんあったらしい
 C 「目出度町(めったまち)」ルートと「木方・東延」ルートの分岐  H 見落としてしまって「蘭塔婆」には行けなかったけど・・・墓所と聞いて遠慮しといて良かった(^^;   元禄7年(1694)春に起きた山火事で亡くなった131名の御霊を供養するために作られた墓所だそうです。
 K 「目出度町(めったまち)」ルートと「木方・東延」ルートの合流点  「目出度町」ルートと「木方・東延」ルートの分岐を過ぎて急な階段を登ると直ぐに分岐がある。    銅山の総務勘定場の跡
 1  笹ヶ峰と銅山越への分岐
 3  旧牛車道と近道の分岐
 5  歓喜坑
 6  勘定場の跡
 9  木方と東延の分岐
 D 二つの坑がある、前の広場は腰掛と水場があり一休みするのに丁度良い場所です。石見銀山と比べると年代が新しいせいか、入口も立派に出来ています。  B 左に大きく迂回した旧牛車道と直登の近道の分岐、もちろん行きも帰りも近道を選択  @ 左は笹ヶ峰に続き、右は銅山越へ 
 ここまでは銅山遺跡を中心にした説明になりました。行動とお借りしてきた地図(了解済)の番号がバラバラで・・・ちょっとパニック状態でかえってわかりにくくなったかも?私としては銅山の感動を残して置きたくて、このような感じになってしまいました。  
 銅山越 右の横を通って西赤石へ   ミツバツツジも咲いている。  アケボノツツジが霧にかすむ
  東平登山口方向   ツガザクラがふっくら・・・   アケボノツツジ越しに西山
  兜岩は茶色い岩でゴツゴツ   西赤石山頂上 なぜか鋸が・・・・   兜岩からの景色を撮影中
    兜岩から見た西赤石山


 兜岩への道アケボノツツジの花が散り始めている。 
 今にも振り出しそうな空模様、
 こんな尾根道が大好き。。。
 キレンゲショウマ、ダイヤモンド水の側で試験栽培中でした。  下山後、びっくり路肩は車がいっぱい   マイントピア別子にて入浴
 入浴料金800円シャンプ・タオル付
 
 西赤石山の花

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system