HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  女三瓶 (めさんべ)953m   男三瓶 (おさんべ)1,126m
  登山日・行動日  2012年10月20日 (土曜日)
  天気  晴れ 
  場所  島根県大田市三瓶町小屋原
  駐車場  北の原 三瓶自然館の裏 名号コース登山口より
  トイレ・・・備考  三瓶自然館駐車場 トイレがここにはありません。
  同行者  のほほん登山隊
  参考資料&サイト  以前歩いた三瓶山
       ここをクリックすると動くルート地図を見ることが出来ます(^^v           
  ■ 軌  跡 ■    ※ 地図をクリックすると範囲が拡大します。      
  ■ You tube ■
    ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆      総歩行時間 3時間25分 休憩時間  1時間20分
自宅(6:10)・・・・三瓶自然館駐車場(8:30)〜(8:45)→名号コース登山口(8:55)→女三瓶山頂(9:55)〜(10:00)→兜山(10:23)→ユートピア(10:34)→三瓶山頂小屋(11:00)→男三瓶山頂(11:05)=昼食=(12:20)→名号コース登山口(13:20)→三瓶自然館駐車場(13:30) 
   ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
 どこの山に行くか直前まで決まらないのほほん隊です。
行きたい山はたくさんあるので、リクエストをする私ですが、最近距離の間隔が麻痺していて、四国や九州の山の名前を簡単に言ってしまうので、と〜さんに叱られてばかりです。

 三瓶山も近くは無いのですが、以前の登った時に女三瓶から男三瓶の間だけクタクタで歩けなかったので、のほほん隊としては三瓶山完結していないような気がして、是非歩いておきたかったので、紅葉にはちょっと早いと思いましたが行ってみました。

 三瓶山の中でも、女三瓶から男三瓶の間の紅葉はきれいだと言われているそうです。女三瓶から登山道を見た時には険しそうに見えていましたが、歩いてみると途中の兜山で一息つけるし、岩をよじ登ったりして、直登が単調な九十九折りと違って一気に登れる感じで、私は好きでした。

 山頂小屋は以前来た時には建設中でしたが、可愛い小屋が完成していました。室内も板の間のスペースがあり宿泊も可能なようですが、トイレが無いのが残念です。

 山頂は広く土がむき出しですが、少し下がった部分はススキが一面に生茂っていて、風で穂が波打ってすごくきれいでした。

 山頂では大勢の人が昼ご飯を食べていました。私達はコンロでお湯を沸かしてインスタントラーメンを食べました。ただのインスタントラーメンですが、良いにおいがしていたらしく、可愛い山ガールスタイルで登って来た女の子たちが、「私も今度はあれがしたい〜」なんて言っていました。少づつ山にはまって行くんでしょうね♪コンロ、シュラフ、テント・・・・カメラはすでにミラーレス一丸・・・羨ましいこと・・・・

 今回はお鉢めぐりはせずに、北の原の駐車場を目指して、通ったことのない名号コース使って降りることにしました。山小屋の後ろあたりから下山しますが、ミズナラやブナの木がたくさんあって、山頂の近くは始まったばかりの紅葉を楽しむことが出来て良かったです。

 一時間くらいで下山出来たので、西の原まで車でドライブしてススキの原っぱを堪能して帰りました。

 途中でいつも通過してばかりで気になっていた「香木の森」に寄って、ハーブやバラ・季節の花を見て、ゆっくりお茶して帰りました。

 お鉢めぐりに少し心が残りましたが、またの機会に・・・
 ゆったりした山登りが出来ました。
 
 三瓶自然館の駐車場に駐車する。    サイクリングロードを歩く。
 
 ここから 山の登山道へ    男三瓶への分岐 この先にトイレがあります。 
  
  女三瓶のすぐ下は岩道で急登
 
 女三瓶の山頂に到着    ロープウェイがあります。
 
 女三瓶から見た景色 孫三瓶・子三瓶・男三瓶    兜山
 
 ヤマグミ 甘酸っぱくて美味しい・・・    女三瓶の上はアンテナがいっぱい立っています。
 
 ユートピア    山頂の近くは紅葉も色づいてきました。 
  
  鮮やかな紅葉と青空
 
 兜山と女三瓶を振り返る。    男三瓶の山頂は少し崩落しています。
 
 日本海が見えます。    男三瓶のすぐ下、山頂小屋の前
 
 まだ、新しい山頂山小屋    室内も板張りの床があります。
 
 山頂に到着    山頂道標
 
 本日のお昼はインスタントラーメン(^^;    ちょっとだけお野菜も入れて・・・手作り感出ました。
 
 山頂からの景色    山頂のススキの原っぱ
 
  すすきの穂が風に波打って綺麗です。
 
 木道の上を歩く。    下山は名号コースを降りる。
 
 下山では期待していなかった紅葉が見られた。  
 
 ブナやミズナラの林    蜂の巣注意!! 緊張して迂回ルートを歩きました。
 
 女三瓶登山道との分岐    ミズナラの木 
 
 自転車で走ってみたいなぁ〜    無事下山 お疲れ様でした。

三瓶山の花

    
TOPHOME
    
inserted by FC2 system