HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  三鈷峰(大山) さんこほう  1,516m 
  登山日・行動日  2011年7月16日
  天気  晴れ 
  場所  鳥取県西伯郡大山町
  駐車場  南光河原駐車場
  トイレ・・・備考  駐車場の入口に水洗トイレ 近くにコンビニがありません
  同行者  気ままさんご夫婦・のほほん登山隊
  参考資料&サイト  気ままさんの案内
 
  ■ 軌  跡 ■     総歩行距離 9.3km

  ■  軌跡断面図 ■     高低差 818m 
  ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間 5時間37分  休憩・昼食時間 2時間36分
自宅 18:35 ・・・・・ 南光河原駐車場 11:50〜06:15 → 大神山神社奥宮(トイレ・水補給) 06:40〜06:48 → 下宝珠・ユートピア登山口 07:00 → 下宝珠越 07:23〜07:26 → 中宝珠越 07:55〜08:03 → 上宝珠越 08:45〜08:50 → 三鈷峰・ユートピア小屋分岐 09:16〜09:22 → 三鈷峰山頂 09:42〜10:07 → 三鈷峰・ユートピア小屋分岐 10:20 → ユートピア小屋 10:30〜昼食〜11:45 → 象ヶ鼻付近 12:15 → 下道まで砂すべり 12:21〜12:31 → 上宝珠越 12:42 → 砂すべり → 元谷遭難慰霊碑 13:13 → 下宝珠・ユートピア登山口13:36 → 大神山神社奥宮 13:45〜13:53 → 大山寺下天狗茶屋(ソフトクリーム) 14:06〜14:19 → 南光河原駐車場着 14:28 
  ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆

 梅雨が明けてからずっと好天です。そしてうれしい三連休・・・・

 最近は気ままさんたちとご一緒させていただく機会が増えて、山を歩く途中で次の山登りの話題になり、少しだけ気兼ねしながら「次もくっ付いて行っていいですか?」とお尋ねすると、いつも快いお返事をしてくださるので、またまた、くっ付いて三鈷峰に行って来ました。
 気ままさんたちはここ数年この時期に登っていらっしゃるので、コースはもちろん撮影ポイント・休憩ポイントなど細々と伝授していただきました。

 まず、前日に大山の麓の南光河原駐車場まで行き車中泊、私たちが「少し遅くなります。」とメールを送ると気ままさんから「クーラーボックスにビールが冷えているのでご自由に飲んでください。」と、返信を頂きお言葉に甘えて到着後は、冷えたビールを一気に飲み干し就寝しました。
 朝は5時に起き、持ってきたおにぎりと気ままさん持参のアマノフーズのお味噌汁で朝食。その後準備を整えて、宝珠山・ユートピア方面のコースへ出発。この頃になると駐車場は満車状態です。


 お天気は最高!!頂上までスッキリと晴れて最高の景色です。冷んやりとした朝の空気の中を奥宮まで石敷きの参道を歩きます。ここで水を補給、いよいよ山の中へ入ります。
 すぐにヤマアジサイが咲いていて、いつもの「気ままな山登りのHP」で見る景色です。下宝珠越まではヤマアジサイを楽しみながら急な斜面を登ります。中宝珠越辺りで左には三鈷峰、右には北壁の姿を青空の下で楽しむことが出来ました。上宝珠越直前では崩落地もあり、大山の山肌が少しずつ剥がれている様子を実感できます。
 上宝珠越では前夜ユートピア小屋で一人で宿泊したと言う青年に出会いました。すごい勇気があると凛々しく感じましたが、息子が一人で行くって行ったら絶対反対するだろうなと、矛盾したことを考えていました。
 上宝珠越を過ぎた辺りでお目当てのクガイソウが姿を現しました。まだ、咲き始めたばかりで花も小さく色も白っぽい感じでしたが、咲いていてくれて良かった。シモツケ・オオバギボウシ・シュロソウ・・・いろいろな花が三鈷峰の頂上からユートピア小屋辺りまで一面がお花畑です。
 
 三鈷峰の頂上では、気ままなダンナさんから山の名前や小屋の名前など実物を見ながら教わり、大山の地形が少しだけわかってきました。そして、昼食は日差しが強くて暑いのでユートピア小屋で食べることにしました。はじめて入った山小屋は思った以上にきれいで涼しくて、靴も靴下も脱いでリラックスできて、ゴロリ・・・お昼寝したいくらいのんびりして快適でした。食後は小屋の周りのお花を再び写真に撮ったりしながら楽しみました。午後からは三鈷峰の辺りから霧が出て来て見晴らしが悪くなりそうになって来たので、象ヶ鼻まで登って修行僧さんがされていた上からの砂すべりに挑戦して下山しました。

 初めての、砂すべり挑戦・・・気ままさんたちの後に続き、砂の上を滑ると言うよりも、ゴロゴロの石と一緒に流されるといった感じで、流れに乗って転ばないように足元に注意しながら必死でした。でも、あっという間に登山道をショトカットして下山できて楽チンでした。続いて、上宝珠越から元谷に向けての砂すべりは石が小さくて雪山をスノーシューで歩いている感じの足の運びで重力に任せて軽く足を出すだけで足に負担も無くて楽に下山することができました。元谷に下りた頃には頂上辺りは霧で見えないくらいになっていました。お天気がよくてもやはり霧は出てくるんですね。運よくきれいな景色を見られたことに感謝感謝でした。元谷の岩場を下り作業道へ出てから、奥宮に向かって下山しました。

 大山寺の下の「天狗茶屋」 ここも良くHPで紹介されています。是非食べてみたいソフトクリームです。味が濃くて美味しいかった・・・・・。下山後はザックを車に置き、モンベルへお買い物・・・Tシャツを買っちゃいました。
 今回も気ままさんとご一緒出来てとても楽しい山登りになりました。私たちだけだったら山小屋で食事も砂すべりもきっと出来なかったと思います。お付き合い頂いた気ままさんたちにも感謝感謝です。
 また、くっ付いていって良いですか?・・(^^)v

 

南光河原駐車場、早朝6時満車状態です。 堰堤を渡って行きます。
奥宮へあがる石段・・・・待ってくださ〜〜い! ここからは山道です。
 一旦作業道に出ます。 ヤマアジサイの花を見ながら・・・・
 弓ヶ浜が微かに見えます。修行僧さんの撮影ポイント・・・カメラが違うと景色も違って見えます(^^;
  下宝珠越やっと尾根にたどり着きました。  中宝珠越辺りで三鈷峰の全景が見えます。
 
木々の間から見える北壁・・・青空が美しい 
崩落地、山がガラガラ崩れて行きそうです。 上宝珠越からユートピア分岐へ向かう。
 ユートピア分岐、後ろは三鈷峰  三鈷峰から見るユートピア小屋と象ヶ鼻
頂上のケルンと北壁  ふっくらクガイソウ
ユートピア小屋、中は土間と板の間と少しのロフト   象ヶ鼻方向から見た三鈷峰とユートピア小屋
砂すべり下から霧が出てきたました。  砂すべりの後、ガレ場を下る。
 遭難慰霊碑   大屏風岩は霧で見えなくなりました。
  ソフトクリーム300円 味が濃くて美味しい・・・  ちょっこい いっぷく 天狗茶屋
 参道を下って駐車場へ  大山のベスト撮影ポイント教わりました。

三鈷峰の花

    
TOPHOME
    
inserted by FC2 system