HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  深入山(しんにゅうさん)  1,152.7m 
  登山日・行動日  2012年7月29日 (日曜日)
  天気  晴れ 
  場所  広島県山県郡安芸太田町大字松原
  駐車場  南登山口駐車場
  トイレ・・・備考  管理棟(売店・休憩所)にトイレはあります。
  同行者  のほほん登山隊
  参考資料&サイト  一歩入魂 2011年8月19日
       ここをクリックすると動くルート地図を見ることが出来ます(^^v           
  ■ 軌  跡 ■           
   ■  軌跡断面図 ■
    ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間  2時間10分    休憩時間  40分
自宅(9:20) ⇒ 南登山口駐車場(10;25〜10:40)出発 → 東登山口合流(11:25) → 深入山山頂(11:34〜11:40) → 9合目東屋《昼食》(11:47〜11:21) → 八畳岩(12:29) → 展望岩(12:35) → 西登山道分岐(12:57) → 西登山口分岐(13:21) → 駐車場到着(13:30)
   ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
 体調を崩してしばらく大人しくしていたお陰で、めまいは治まって来ましたが、毎日暑くて・・・・死にそ〜〜〜。でも、あまりエライエライと言っていては、「山に行んさんな」と言われるので、無理をせずに手を抜いて(いつも通りですね)生活しながら、体調を整えています。
 
今週末は、自治会の夏祭りの手伝いがあり、二人は土曜日は一日お手伝いで、日曜日も朝のうちは片付けがあったので、山はお休みかなとあきらめていましたが、思ったより早く片付けが終わったので、急きょ山支度をして、気ままな旦那さんが言われる通りに深入山にトレーニング行くことにしました。

 出遅れたせいもあって、南登山口に付いたのは10時頃でお日様はほぼ真上・・・・暑い!!こんな時間から登る人はいないだろうと思っていたら、夫婦が私達を入れて3組で登り始めました。お互いに抜かしたり休んだり、グズグズ登りました。

 山頂もこの暑いのに家族連れや夫婦連れが5・6組居て賑やかでした。風は冷たくて心地よいのですが、日差しもギラギラと照っていたので、私達は林間コースの途中の東屋でお昼を食べました。
 
 食後は林間コースを下山しながら、お花探しです。嫌いなヘビにも2匹出合いました。私達の前を歩いていた方が、お花を撮影されていたので、尋ねると「食虫植物のモウセンゴケ」の花だと言うので見せてもらいました。その方は深入山の常連さんで「里の四季」と言う写真と動画がきれいなHPの管理者の方でした。その後も付かず離れずで、いろいろな植物を教えて頂き、ナンバンギセルも見つけて頂きました。

 林間コースは距離は少し長いですが、木陰の中を気持ち良く歩くことが出来ました。ラッキーな出会いもありましたし、頭も思ったほど痛くならなかったし、久しぶりの山登りは過酷でしたが、なんとか歩くことが出来ましたが、と〜さんは益々槍ヶ岳登山が不安になってきたみたいです。後一月です・・・・トレーニングを開始しないと大変です。
 
 南登山口の近くのグランドではゲートボールの大会が開催されているようでした。    南登山口から、雪山以外では初めて、ここから登ります。
 
 途中から下を見る。    日をさえぎる立ち木の下まで行っては、一休み
 
 東登山道との出合いまでが近そうで遠い・・・・    この直登を頑張れば山頂です。
  
  林間コースの登山道が見えます。遠くに恐羅漢山など・・・たぶん
 
 オオバギボウシがいっぱい咲いています。    山頂手前の大岩の上で一休みする人たちです。
 
 深入山山頂、    真ん中の小さい山が冬に登ったトンガリ山です。
  
  遠くまで良く見えました。
 
 雲がふわふわ浮かんでいました。  
 
 冬は自由に歩きました。マウスをのせて見て下さい。    八畳岩から深入山の山頂を見るとこんな感じです。
 
 念願だったナンバンギセル    清水のあたりはマイナスイオンで涼しい・・・・
 
 西登山道との分岐    西登山口への分岐
 
 キャンプ場の中を通って登山口へ    駐車場に下山、まだゲートボール頑張っています。

深入山の花

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system