HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  天上山(てんじょうざん)  972.6m 
  登山日・行動日  2012年5月27日(日曜日)
  天気  晴れ 
  場所
 広島県山県郡安芸太田町大字中筒賀
  駐車場  キャンプ場駐車場
  トイレ・・・備考  龍頭橋の側にあると思います。キャンプ場のは使用中止中でした。
  同行者  のほほん登山隊
  参考資料&サイト  修行僧さん2010年11月13日分
       ここをクリックすると動くルート地図を見ることが出来ます(^^v           
  ■ 軌  跡 ■          

  ■  軌跡断面図 ■      
  ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間 4時間41分  休憩時間 27分
自宅 7:15 ・・・・・ 龍頭峡駐車場 8:45 〜 8:54 龍頭橋 9:04 ⇒ 引き明けの森道標 9:54 ⇒ 林道合流(悠久の森石碑)10:33 ⇒ 横ぶけ登山口 10:42 ⇒ 天上山山頂 11:33 〜 11:41 ⇒ 林道合流(悠久の森石碑)昼食 12:04 〜 12:24 ⇒ 龍頭橋 13:30 ⇒ 奥の滝 13:43 ⇒ 龍頭橋 13:55 ⇒ 駐車場着 14:02
  ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
 筒賀村は子供たちが小さい頃、20年近く前に一度キャンプに来たことがありました。記憶に残るキャンプ場もありました。龍の口から出る噴水もあの頃のまま、 当時はまだ建物が出来る前で何の施設もありませんでしたが、あっという間にいろいろな施設が出来て、今は閉鎖中の様子・・・勿体無いですね。キャンプ場は夏に備えて、整備をしているようでしたが、今はどこに行っても似たような施設があるから維持していくのは厳しいんでしょうか。
 奥のキャンプ場の駐車場に車を止めて、しばらく車道を歩くと、道端でいきなりコケイランに出会って大喜び、たくさんのお花に出会うことを願って登山開始です。谷に沿った登山道は涼しくて、心地よい冷たい風が吹いていました。ネットのお仲間さんたちは秋にここを歩かれていましたが、「秋だともっと楽しみ方も違って良いだろうね」と話しながら新緑を満喫しました。引き明けの森は、樅や杤・杉の巨木が立ち並び「すごいね〜〜」の連呼でした。栃の花が丁度散り始めていて、地面にかわいい白い花を散りばめて、魚のうろこのような樅の実もたくさん落ちていて、踏むとサクサクと乾いた音がして心地よかったです。「秋に来るとすごいじゃろうね〜」もいっぱい口にして歩きました。
 悠久の森の石碑はネットではおなじみの場所ですね。ここが「悠久の森」・・・ここから天上山へは登山口が二か所ありますが、お昼には時間の余裕があったので、遠回りをして登ることにして、林道を少し下って、横ぶけ登山口から登りました。針葉樹の林はきれいに間伐されているので、太陽の光も地面に届き山野草がたくさんありました。大正3年に植樹と書かれた道標がありましたから、丁度100歳の林ですね。頂上手前にクマザサの藪があり少し勾配がきつかったけど、直登よりは距離は長かったけど楽だったと思いますし、たくさんの植物にも会えたから遠回りしてよかったです。
 山頂は眺望も無いし、虫が多かったので林道まで下りて昼食を食べることにしました。下りる途中で4人のパーティとすれ違って、「今日も天上山を一人占め」かと思ったら登る人が居ました。林道まで下りて、昼食を急いで食べたつもりはなかったのですが、コンロも使わないし、と〜さんと競争して食べたのか??20分で食べていました。
 下山は引き明けの森も、ちがうコースを通って歩きました。上から見下ろす巨木は谷の底からそびえ立つ感じがすごく巨大で感動的でした。この巨木達はいつ頃最後の時を迎えるんでしょう・・・まだまだ何百年も生き続けるのか?数年後に強風に倒れてしまうのか?最期を見てみたい・・・・気になる存在です。
 龍頭橋まで下山した後は、龍頭峡の滝を見に奥滝まで行って来ました。遊歩道が整備されていて、もう直ぐたくさんの観光客で賑あうのでしょうね。気の早い家族連れの子供さん二人が、谷でパンツ一枚で水遊びをしていました。
 車まで帰って、お決まりのコース「井仁の棚田」を見に行って来ました。「大イチョウ」は秋に来た時に見に行くことにして、とって置きました。是非今年の秋にもう一度訪ねてみたいと思いました。長い間地域の方々に守られてきた巨木は素晴らしかったです。長生きの古木に感謝・感謝でした。

 
 キャンプ場の駐車場    車道を歩きます。もっと奥まで車で行けそうです。
 
 道端の木にはこんな表示がありました。マウスをのせて・・    かわいい橋を渡るとキャンプ場です。
 
 川遊びも出来て過ごしやすそうなキャンプ場です。    龍頭橋、渡らずに右に行くと龍頭峡の滝があります。
 
 橋を渡って右側の谷の方へ道があります。    道はしっかり付いていますが、危ない場所もいっぱい
 
 この山の標識は肝心の距離や時間が消えています(^^;    登ったり下ったりを繰り返します。
 
 ここは壊れていて歩けません。    大きな木が上から落ちて来て欄干が潰れています。
   谷を何度か渡ります。
 水量が少なくて今回は簡単に歩けましたが、
 雨降りの跡は滑りやすいし大変だと思います。
  
ささやきの滝 
 「大谷引明天上山自然林」
 引き明けの森と書いてありました。
 
 
 大きなトチの木を写しています。⇒ ⇒    撮った写真はこれ!!
 
 引き明けの森の分岐・・・右側から登りました。    引き明けの森の分岐・・・テーブルとベンチが2組
 
 悠久の森の石碑とトチの木かな?    林道を井仁の方に下ります。ウドがいっぱいありました
 
 横ぶけ登山口・・・あまり足跡が無くて不安・・・    横ぶけ人工林は大正3年に植林されたそうです。
  
  針葉樹の林・・・太陽の日差しは地面まで届いて植物を育てています。
 
 天上山の山頂 眺望は少しだけです。    ここの方向だけ・・・スキー場らしき山が見えました。
 
 天上山の下りは直登コースで・・・・    お昼は悠久の森の石碑の前の石をテーブルにして・・
 
 本日のお昼・・焼肉弁当?冷やし中華・お豆腐 へん?    お昼を食べて元気いっぱい・・・帰ります。
 
 引き明けの森の説明文    引き明けの森分岐・・・帰りはこっち・・・
  
  大きなモミの木だと思う・・・
 
 双子のモミの木    朽ちて森の栄養になる木
 
 引き明けの森分岐    龍頭橋まで降りてきました。
   龍頭峡へ ナメラの滝
 
 二段滝・・・オッ〜〜見応えがあります。    奥の滝 下の滝壺には魚が居るそうです。
 
 キャンプ場駐車場 無事到着!!    お決まりの「井仁の棚田」見てきました。

 天上山の花

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system