HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  地倉沼(ちくらぬま)
  登山日・行動日  2012年6月2日(土曜日)
  天気  晴れ 
  場所  島根県鹿足郡津和野町直地
  駐車場  作業道入口
  トイレ・・・備考  作業道は4輪駆動車なら登れそうです。
  同行者  のほほん登山隊
  参考資料&サイト  
       ここをクリックすると動くルート地図を見ることが出来ます(^^v           
  ■ 軌  跡 ■           
  ■  軌跡断面図 ■     
  ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 総歩行時間  1時間55分    
作業道入口駐車地発(9:00) → 登山道合流(9:20) → 地倉峠(9:34) → 地倉沼周回(9:35)〜(10:20) → 登山道合流(10:45) → 作業道入口駐車地着(10:55)
  ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
 青野山の近くに珍しい花があると聞いていましたが、名前も知らないし、もちろんお花も見たことがなかったので、一度見てみたいと思っていました。そんな時、中国自然歩道の中にあるその場所が、つい最近遊歩道の整備が完了して、お花も見頃を迎えていると聞いたので、早速出かけてみました。
 
 JRの青野山駅のそばに赤い鳥居が目印の登山道入り口がありますが、今回は作業道を歩くことにしました。木野谷川沿いの林道を少し入って行くと、左側に引き返すように急な作業道が付いています。入口には赤い鳥居と通行止めの鎖があるようですが、外してありました。四輪駆動車なら地倉峠までは車で入れそうですが、私達は入口に車を置いて歩くことにしました。舗装はしてありませんが、登山道ほど勾配が無いので楽に歩けます。道端にはいろいろな種類の野イチゴが実を付けていたので、私は採っては食べながら・・・・久しぶりにたくさんの野イチゴの味を楽しむことが出来ました。登山道との合流地点からはショトカット出来るので登山道も歩きました。
 
 地倉峠には赤い鳥居があり、ここをくぐって進と直ぐに地倉沼に付きます。周回遊歩道は、左側に少し下りたところにあり、今回私達は右回りで歩きました。遊歩道にはところどころ木道も備えてあり、沼が冠水しても浮かんで流れないようにしっかりワイヤーで止めてありました。今日の目的のチョウジソウは小さな紫色をした大根の花に似た感じの花でした(たぶん)密生して咲いていると優しい色のラベンダー風にも見えて、湿地の中の淡い緑の植物の中に淡い紫色がとてもきれいでした。
 
 この沼はモリアオガエルの産卵でも知られている場所ですが、今年は雨が少なくて沼が干上がっているからちょっと心配です。沼に水が溜まるとまた違う植物が咲き始めるのだと思います。遊歩道が出来たおかげで鳥のさえずりを聞きながら、気持ち良く歩くことが出来るようになりました。(ヘビの心配も少し無くなったかも・・・)近くに自然観察が出来る場所が整って有り難いことですね。時々は訪ねてみたいと思いました。中国自然歩道の整備はどこのお役所のお仕事か??ですが、感謝感謝ですね。

 
 中国自然歩道の案内板 クリックしてください大きくなります。    JR青野山駅側の登山口、鳥居をくぐって・・・・
 
 作業道の取り付き駐車地 今日は私の通勤車です。    作業道は四輪駆動車なら上がれます。
 
 勾配がきつくないから歩きやすいです。    登山口からと作業道の合流地
 
 このイチゴいっぱい食べました。甘くて美味しい(^^v    大粒のちょっと黄色いイチゴ・・・こっちが酸っぱい(^^
 
 ショートカットのために登山道を歩く・・・先にと〜さん    地倉峠 車が4〜5台駐車できます。
 
 地倉沼 周回の遊歩道は左から下ります。    コナラの木の下の遊歩道
 
 チョウジソウが密生しています。    レンズの汚れで、ちょっと幻想的になってます。
 
 湿気が多い場所は木道が付けられています。    カワヤナギの林 雨がいっぱい降ると冠水します。
 
 最近 雨が降らないので草原のようです。    チョウジソウのアップ かわいい花です♪
 
  地倉沼の全容はこんな感じです。モリアオガエルの生息地です。
  
沼の面積約40000? ハンノキ・カワヤナギ・コナラなど・・・  

地倉沼の花

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system