HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  一目山(いちもくざん)1,287.4m  みそこぶし山(みそこぶしやま)1,299.6m
  女岳(めだけ)1,425m   涌蓋山(わいたさん)1,499.5m
  登山日・行動日  2011年9月24日(土曜日)
  天気  晴れ 
  場所  大分県九重町 熊本県小国町
  駐車場  県道40号線 一目山登山口近く
  トイレ・・・備考  トイレや水場・コンビニは近くにありません。
  同行者  のほほん登山隊
  参考資料&サイト  一歩入魂の修行僧さん
 
  ■ 軌  跡 ■     総歩行距離 11.9 km
  ■  軌跡断面図 ■     高低差 350 m 
  ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆ 歩行時間 4時間58分  休憩時間 52分  総時間 5時間50分 
 玖珠SA6:20 ・・・➝ R40駐車場7:107:17 ⇒ 一目山登山口7:22 ⇒ 一目山山頂7:417:46 ⇒ 一目山下山(牧野道出合)7:54 ⇒ みそこぶし山山頂8:46 ⇒ 涌蓋越9:22 - 女岳9:56 ⇒ 涌蓋山山頂(昼食)10:2211:09 ⇒ みそこぶし山山頂12:14 ⇒ 一目山と牧野道出合12:53 ⇒ R40駐車場13:07
  ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆

 秋晴れの三連休・・・本当は立山にリベンジ登山へ行きたかったのですが、運転手さんが嫌がっちゃって却下!!あっちもダメ。こっちもダメ。出かける直前まで悩みに悩んで、九州に行くことになりました。朝から準備をしてソワソワしていたのに出発は夕方、いつもの玖珠SAで車中泊。翌朝は5時に起床、身支度をして筋湯温泉を目指して一目山の登山口へ向かいました。
 登山口の駐車スペースでは前日から車中泊されていた登山者が一人、夜はすごく冷えて寒かったそうです。お話をしている間に次の車で5人と1匹の登山者がやって来ました。一目山は、頂上がすぐそこに見えて朝の日差しがやさしいうちに登ってしまえば、見晴らしも良くススキが一面に咲いていてきれいな山です。朝が早かったので、朝露でズボンのすそがビッシャンコになってしまい、と~さんはスパッツを付けなかったことを、ずっと後悔していました。頂上からは、風力発電の風車が5基と地熱発電所の蒸気が見え、どちらも自然でクリーンなエコ発電に拍手でした。
 みそこぶし山は一目山と涌蓋山の丁度中ほどにある山で、ポコッと草原の中に盛り上がったような山です。尾根伝いに登るので楽に登れますし、ここから見る景色は最高です。風車の後の方に阿蘇山系。蒸気が噴き出しているあたりが九重山系。二つの尖ったような山が由布岳・・・などと方角は今一??ですが、山の名前も少しずつわかるようになって来ました。
 涌蓋山の手前の女岳あたりからは秋の山野草がたくさん咲いていました。マツムシソウ・センブリ・リンドウ・アキノキリンソウ・ママコナなどたくさん楽しめました。
 頂上は、大勢の登山客で賑わっていました。日向ぼっこをして横になっている人や昼食を食べている人など、私たちも少し早い時間でしたが昼食を食べることにしました。
 今回は、お水を調達してくるのを忘れてしまって、カップ麺はお預けにしようと思いましたが、と~さんがお茶で作ると言い出して、初めてウーロン茶でカップ麺を作りました。味に違和感はありませんでした(笑)
 下山は、筋湯温泉に下りて県道を歩くのも舗装道路の登りが急なので、来た道を一目山だけ回避して戻りましました。朝は3台だけ停まっていた駐車場も20台近い車でいっぱいでした。
 一目山から涌蓋山の縦走は無理のない高低差で見晴らしも良いし、気軽に登れるコースとして登山者が多いのでしょうね。思っていた通りにきれいなススキも見ることが出来て良かったです。
 ところで、この後、筋湯温泉の「うたせ湯」に迷うことなく行きました・・・が、ネットの情報ではシャンプー・石鹸があると聞いていたのに、無いではありませんか。しかも無人でロッカーは有料なので、ロッカーに入れて締めてしまったお風呂セットを再度取り出す為には、またお金を入れないと・・・ひどい!!結局、シャンプーとリンスは持ち込んでいましたが、石鹸は無かったので使わず、シャワーも無いので水道の冷たい水で髪を洗い、うたせ湯にうたれて肩は痛くなるし・・・。表に出て、前のお店の流水で冷やしてあるラムネを購入しようとしたら、日当たりが良すぎて温かいし・・・ちょっとがっかりな温泉体験でした。次からは有料のロッカーを締める前には必ず風呂場を確認すること。良い教訓になりました。
 

玖珠SAで朝5時ごろに見た空です。真っ赤になっていて思わず写真に撮りました。
県道40号線の脇に駐車 正面に一目山が見えます。牧野道入口
 牧野道からちょっと行くと左に一目山登山口 一目山頂上から涌蓋山をみる。
八丁原地熱発電所の水蒸気   
一目山の頂上から景色を見ているはなちゃん 涌蓋山・女岳・みそこぶし山のグラデーション
一目山の下りは真直ぐの急坂で滑りやすい。  一目山を振り返ってみる。
一目山から牧野道へ下りてくる。  放牧場の入口を通って中へ。
風力発電の風車が一番近くで見える。   ススキの原っぱと一目山
ここで90度曲がる。  みそこぶし山の手前にある、倒れた元トイレ
阿蘇山系アップ  風車のず~~と後ろに見えるのが阿蘇山系
みそこぶし山へ尾根を歩く。   みそこぶし山頂上 四等三角点がある。
みそこぶし山を振り返ってみる。 放牧場から出て、涌蓋越に向かう。
牧野道を少し行くと涌蓋山登山口  女岳山頂から見える、涌蓋山
涌蓋山への最後の登り。   山頂奥にある祠、頂上はたくさんの登山者です。
涌蓋山の頂上 お昼は、九州産高菜ラーメンのウーロン茶味(笑)
ススキの原っぱと、由布岳・・・わかるかなぁ~ 下山、みそこぶし山への登り空に向かって歩くみたい。
みそこぶし山から涌蓋山を振り返ってみる。 ススキがきれいな一目山
 県道40号線、側の駐車場は車がいっぱいです。  筋湯温泉、うたせ湯・・・入口の自動券売機で券を購入

くじゅうの花

    TOPHOME
    
inserted by FC2 system