HOME | BBS | YAMA File | FLOWER
  山の名よみ・標高  槍ヶ岳(やりがたけ)3,180m  大喰岳(おおばみだけ)3,103m
  登山日・行動日  2012年9月2日 (日曜日)
  天気  午前中雨、午後から晴れ
  場所  長野県松本市安曇
  駐車場  貸切観光バス 帝国ホテルバス停下車 2日目は槍沢ロッジより出発
  トイレ・・・備考  トイレはババ平キャンプ場を過ぎると殺生ヒュッテまでありません。
  同行者  やまびこ会会員4名・のほほん登山隊
  参考資料&サイト  やまびこ会Nさんの案内
       ここをクリックするとルート地図を見ることが出来ます。          
  ■ 軌  跡 ■          
    ◆◇◆  タイム&コース  ◆◇◆  3日間総歩行時間 19時間45分

1日目
上高地帝国ホテルバス停(6:45)ミスコース(6:55) → ウエストン碑(7:12) → 河童橋(7:33) → 明神館前(8:25〜8:44) → 徳沢園前(9:44〜9:56) → 横尾山荘前「昼食」(11:02〜12:02) → 槍見河原(12:48〜12:58) → 一の俣(13:09) → 二の俣(13:17) → 槍沢ロッジ着(13:46)宿泊
歩行時間 5時間20分  休憩時間 1時間41分

2日目
槍沢ロッジ発(5:40) → ババ平キャンプ場(6:20) → 槍沢大曲(6:48) → 天狗原分岐(7:54) → ヒュッテ大倉分岐(8:59) → 番隆窟(9:04) → 殺生ヒュッテ分岐「下」(9:26) → 殺生ヒュッテ(9:35〜10:10) → 殺生ヒュッテ分岐「上」(10:13) → 槍ヶ岳山荘「昼食」(10:48〜12:05)) → 槍ヶ岳山頂(12:24〜13:30) → 槍ヶ岳山荘(13:45〜13:55) → 飛騨乗越(14:03) → 大喰岳(14:20〜15:00) → 飛騨乗越(13:12) → 槍ヶ岳山荘(15:26) → 槍ヶ岳分岐「東鎌尾根を西岳方面へ」(15:30) → 殺生ヒュッテ分岐(15:50) → 殺生ヒュッテ着(16:00)宿泊
歩行時間 7時間38分  休憩時間 2時間42分

3日目
殺生ヒュッテ発(6:27) → 殺生ヒュッテ分岐「下」(6:32) → 番隆窟(6:48) → 天狗原分岐(7:28) → 槍沢大曲(8:11) → ババ平キャンプ場(8:35) → 槍沢ロッジ(9:04〜9:24) → 二の俣(9:50) → 一の俣(10:03) → 槍見河原(10:13) → 横尾山荘前「昼食」(10:56〜11:45) → 徳沢園前(12:41〜12:57) → 明神館前(13:46〜13:59) → 河童橋「買物」(14:44〜15:03) → 上高地バスターミナル着(15:08)
歩行時間 6時間47分  休憩時間 1時間54分

   ◆◇◆ 感  想  ◆◇◆
 槍沢ロッジのPCで天気予報を見ると午後はお天気が崩れそうだったので、早めに出発することにして、朝食を食べて直ぐに出発しました。いとこ夫婦とはここでお別れです。

 歩きだして直ぐに雨が降り出したので、木陰でカッパを着ました。ババ平キャンプ場を過ぎると谷にかぶさる様に雪渓が残っていました。雨とガスで視界が悪く景色が見えないのがすごく残念ですが、暑く無いので歩くのには楽でした。大曲を過ぎたあたりから急な登りが続いて苦しかった〜。ガスで景色は見えませんが、色とりどりのお花がいっぱい咲いていて楽しませてくれました。

 番隆上人が泊ったと言われる「坊主ノ岩小屋」あたりからは晴れていれば槍ヶ岳が見えるのでしょうが、ガスの中で何も見えなくて苦しいばかりの山歩きでした。やっとの思いで殺生ヒュッテにたどり着きました。ここで荷物を預けて山頂へ行くことになっていたので、山頂まで残すところ1時間・・・ですが、ちょっと気持ちが楽になりました。

 ここでネットのお天気予報を見ると3時ごろに晴れマーク・・・「やった!!」と思ったのは私だけでみんな晴れるわけがないと思ったらしく、「サッと登って来よう、どうせ天気が悪いから・・・」と、直ぐに準備をして出発しました。

 今回は 70代夫婦と60代夫婦そして私達50代夫婦のパーティでしたが、ここで70代夫婦は殺生ヒュッテで待っていることになったので、4人で出かけました。

 槍の肩にある槍ヶ岳山荘でお昼を食べて、少し晴れるのを待ちましたが、雨が降っていないうちに登ろうと言うことになって登りました。槍のてっぺんは意外に広く、常に10人くらいの登山者がいました。一緒に登った2人は先に殺生ヒュッテに戻って行きましたが、私達は晴れを願って1時間くらい粘っていました。でも下から30名くらいの団体さんが登って来ると聞いたので、残念な気持ちはいっぱいでしたが下りることにしました。

 下りたとたんに少しガスが取れて来たので、今度は槍を遠くから見てみようと、向い側にある大喰岳に登ることにしました。登る予定になかったので、山荘の前で休んでいたガイドらしき男性に行き方を聞いてから出発しました。

 大喰岳に向かっているとどんどんお天気が良くなって、槍もきれいに見えたし、南岳や天狗池穂高連山、向い側には笠ヶ岳も日本海まで見渡せる最高の景色でした。二人で景色を楽しんで殺生ヒュッテに戻りました。
 
 槍沢ロッジの朝食    まだ薄暗い中を出発しました。
 
 ヘリポートでツアーの団体さんが準備運動中です。    ロッジを出て少しのところに、槍が見える場所がある。
 
  トリカブトの青い花と白いサラシナショウマ    ババ平のキャンプ場
 
 小雨の中にまだテントがいっぱい    谷に残る雪渓 トンネルが出来ていました。
 
 恐々と雪渓の上を歩きます。    景色は見えませんが 近くの山はお花畑です。
 
 大曲を過ぎると登りが益々きつくなります。    天狗原分岐 ここからはつづら折れの急登 
 
 登りがきつくて渋滞が起きています。    坊主ノ岩小屋 播隆上人が泊まった岩小屋
 
  殺生ヒュッテへの分岐    岩がきれいに積まれています。
 
 殺生ヒュッテに到着・・・疲れた〜〜    小雨の中、山頂を目指して殺生ヒュッテを出発
 
 ジグザグの急な登りを歩きます。    槍ヶ岳山荘へ到着 
 
 ここからも槍の穂先が見えません(涙)    「キッチン槍」で中華どんぶりとラーメン@\1000
 
 ガスの中を槍の穂先に登ります。
 事故が遭ったと聞いているので慎重に登ります。
 
 真直ぐに立つ梯子は少し緊張します。    他に登る人が居ないので自分のペースで登れます。
 
 最後の真直ぐな梯子です。    上からのぞくとちょっと恐い。
 
 と〜さんが今から登って来ます。    祠と記念撮影 大槍小槍のポーズ
 
 北鎌尾根側から登ってくる人影    山頂でタブレットで天気予報を見ています。
 
 気ままさんにスカイプしました。    お〜〜殺生ヒュッテが見えた〜〜
 
 槍ヶ岳山荘も見えた〜〜    ブロッケンを待っていましたが・・・虹が微かに
 
 あきらめて下りたら晴れてきました。    大喰岳への登り・・・足が疲れた〜〜エライ〜〜
 
 槍に青空が・・・大喰岳山頂    大喰岳山頂から少し南に行ったピーク
 
 ヒュッテ大倉が見えます。絶景・・・・
 
 大雪渓の向こうに天狗池も見えました。
 
 岩の上に立ってビデオを撮っています。    赤い屋根が殺生ヒュッテ 真直ぐ下りると早いけど・・
  
  こちらから見る槍もかっこいい
 
 もう一度登りたいけど・・・・     団体さんで大渋滞が起きています。
 
 ウサギギクとイワギキョウのコラボ・・・かわいい♪    殺生ヒュッテへ向う下りは大天井への道を歩く。 
 
 下の赤い屋根が殺生ヒュッテ    槍の穂に登るより恐い岩道
 
 殺生ヒュッテへの分岐 
 こちらからの槍はとがって見えます。
 
 殺生ヒュッテの裏へ無事到着。    殺生ヒュッテの晩御飯 今夜は私たちを入れて13人
槍ヶ岳の花
槍ヶ岳・大喰岳1日目
槍ヶ岳・大喰岳3日目
    TOPHOME
    
inserted by FC2 system